ホーム > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化というのはどのようなものですか

クレジットカード現金化というのはどのようなものですか

クレジットカード現金化という言葉をご存知でしょうか。これは、一言でいえば、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるものです。その意味では、手持ちのクレジットカードを活かして臨時収入が期待できそうですが、しかし現実はなかなかそうも行きません。
このクレジットカード現金化には、二通りの方式があります。一つは買い取り方式と呼ばれるもので、業者が販売する商品をクレジットカードで購入し、後で手数料を差し引いた金額で、業者が買い取るものです。この場合、商品は手元に残りません。もう一つはキャッシュバック方式と呼ばれるもので、業者のサイトなどを経てクレジットカードで商品を購入し、その購入額の何割かを戻してもらう方式です。

http://www.credit-try.com/
ここで問題なのは、クレジットカードで購入した分は、結局はその利用者が払うことになるわけです。たとえば50万円分の商品を購入して、業者が40万円を渡してくれたとしても、50万円を返済する必要があります。そしてもちろん、その差額の10万円はその人が払うことになるわけで、一時的にまとまったお金を手に入れる以外は、むしろデメリットの方が大きくなります。
さらに、このクレジットカード現金化は、違法行為でもあります。元々、クレジットカードで購入した商品は、代金が完済されるまでは、実はクレジットカード会社に所有権があります。その商品を転売することは、横領罪に問われる可能性があります。また、現金化目的の購入は、カード会社からの現金の詐取とされ、詐欺罪とされることもあります。
加えて、もし返済ができなくて自己破産となった場合は、免責が下りないこともあります。このような場合は、債務額をすべて返済する必要が出て来ます。もし返済できたとしても、カード利用規約違反となるため、クレジットカードを返却しなければならなくなります。このような事態を招かないためにも、クレジットカード現金化は慎むようにしましょう。